254 超高齢社会をゆく

認知症当事者を講師に
認知症の介護を考える

★解説付き認知症バーチャル体験
 認知症とは、どんな病気なのでしょうか。将来の介護に不安はありませんか?
あふれている情報は、どれが正しいのでしょうか。認知症による機能障害とその種類、具体的な内容を講師の北川邦彦さん(認知症当事者・日本認知症ケア学会員)が語ります。今回は、映像と音響を使った認知症バーチャル体験で、当事者の悩みや不安を知ることができます。介護・認知症家族と歩む会・松戸主催。

日時/5月8日(水) 13時〜15時
場所/まつど市民活動サポートセンター(松戸市矢切299―11)総合福祉会館内
参加費/500円 ※予約可

★おしゃべり広場 同日開催
 地域の誰もがふらっと立ち寄り、お茶を飲みながら、うれしい話、子育てのこと、家事や仕事、介護の疲れなどについて語り合い、ほっと一息つける時間を過ごしませんか。毎月第2水曜日、同サポートセンターで10時~12時。無料。
▼申し込み・問い合わせ
 お電話またはメールで北川代表へ。
☎090(5509)5398
ao31212@s6.dion.ne.jp

Copyright(C) 2012 RESUKA Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

朝日れすかのホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

ページトップへ