252 超高齢社会をゆく

市民活動講座・入門編全2回始まります

  3/13(水)・27(水) 全2回開催 パレット柏で定員30名受講無料

 認知症の症状が家族に出たとき、どう対応すればよいのか不安になったことはありませんか? 認知症のご本人、北川邦彦さんが代表世話人として活動を展開中の「介護・認知症の家族と歩む会」が、地域を支える市民活動講座を企画。柏市文化・交流複合施設の「パレット柏」が共催し、認知症の対応だけでなく、子育て、環境、商店街の活性化など、様々な「地域の課題」を市民の手で解決するための取り組みに挑戦する入門編です。若者をはじめ、主婦やシニアのみなさんに広く参加を呼びかけています。
 13日(水)1日目=市民活動とは? ボランティアとの違いや、サークル活動との違いを話し合います。地域市民に必要なサービスについても講師と共に考えます。
 27日(水)2日目=自分がしたい事は? 自分ができる事や、足らないもの、取り組める課題について話し合います。※両日、12時~15時。
 
▼申し込み・問い合わせ
お電話またはメールで北川代表へお申し込み、お問い合わせを。定員30名、締め切りは3月8日(金)です。
TEL090(5509)5398
ao31212@s6.dion.ne.jp

Copyright(C) 2012 RESUKA Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

朝日れすかのホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

ページトップへ