239 認知症の理解と対応

柏市がガイドブック発行 7000部市内で配布中

■松戸で養成講座全4回


 認知症施策の推進母体である「認知症にやさしいまちづくり会議」と柏市は、協働で「かしわ認知症対応ガイドブック」を7000部作成し、市内で配布中だ。
 「同じことを何度も聞いたり、話したりする」「食事をしたのに食べていないと言う」など、認知症の症状に応じた対応方法や、医療・介護の専門職や関係者からの助言、認知症の相談をはじめ、診療が受けられる市内の医療機関の紹介など、認知症について正しく理解し、認知症の方やその家族が住み慣れた街で安心して暮らすために役立つ内容が盛り込まれている。A4判カラー32㌻。無料。
 配布場所は、市内9カ所の地域包括支援センターのほか、市福祉活動推進課(ウェルネス柏3階)、市役所本庁舎(別館2階介護保険関係各課窓口)、市内各近隣センター、認知症の相談や診療を行う医療機関など。市のホームページでも閲覧できる。
 問い合わせは、TEL 04(7167)2318 同推進課へ。

Copyright(C) 2012 RESUKA Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

朝日れすかのホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

ページトップへ