ふなちゃんの音楽ジャングル

VOL . 170 ナット・キング・コール に捧ぐ 

GREGORY PORTER /NAT “KING" COLE & ME

 グラミー賞最優秀ジャズ・ボーカル・アルバム賞を2度も受賞したグレゴリー・ポーター。まさに現代最高峰の男性ソウル・ジャズ・シンガーによるナット・キング・コール・トリビュート・アルバムの登場です。
 あまりにも偉大なジャズ・ピアニストでジャズ・シンガーのナット・キング・コール。「スマイル」「モナ・リザ」「スターダスト」「ルート66」「ホエン・アイ・フォール・イン・ラブ」「ネイチャー・ボーイ」「L-O-V-E」など、ジャズ・ボーカルといえばこれらの曲と言っても過言でもないほどの名曲の数々は、彼の歌声でヒットしました。中でも喜劇王チャールズ・チャップリンの映画「モダン・タイムス」のテーマ曲として知られる「スマイル」は、元々はインストゥルメンタル・ナンバーで、ナット・キング・コールがレコーディングするために歌詞が加えられたものでした。
 そして、そんな名曲の数々を素晴らしい歌声で甦らせたのがグレゴリー・ポーター。2010年にリリースされたアルバム『ウォーター』と、2012年にリリースされたアルバム『ビー・グッド』が、インディーズ・レーベルからのリリースでありながらも、2度もグラミー賞にノミネートされています。その後、2013年に名門ブルー・ノート・レーベルからリリースされたメジャー・デビュー・アルバム『リキッド・スピリッツ』で初のグラミー賞ベスト・ジャズ・ボーカル・アルバムを受賞し、4枚目にあたるアルバム『テイク・ミー・トゥー・ザ・アレイ』でも受賞して世界的な成功を収めたスーパー・アーティストです。
 「Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2017」に参加予定だったグレゴリー・ポーター。残念ながら突然の開催中止でがっかりしましたが、深まる秋の夜に、彼によるナット・キング・コールに捧げられたスタンダード・ナンバーの数々に酔いしれるとしましょう。


船守秀一(音楽プロデューサー・http://www2.odn.ne.jp/obbligato/)

Copyright(C) 2012 RESUKA Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

朝日れすかのホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

ページトップへ