ふなちゃんの音楽ジャングル

スティングのセルフ・カヴァー・アルバム登場!

My Song / Sting

 この音楽ジャングルでは、2013年10月に取り上げたことのあるスティング。そのときはドイツの名門クラシック・レーベルのグラモフォンから一連の作品をリリースしていたころで、ミュージカルにインスパイアされた作品『ラスト・シップ』をご紹介しました。そのころも、オーケストラをバックにセルフ・カヴァーしたアルバム『シンフォニシティ』という素晴らしい作品もありましたが、今回ご紹介する『マイ・ソング』は、スティングのファンが待ち望んでいたセルフ・カヴァー・アルバムではないでしょうか。
 ぼんやりとテレビを見ていたら、スティングの特集(5月7日・NHK「ニュースウォッチ9」)があり、思わず食い入るように見入ってしまいました。まさしく『マイ・ソング』のリリースに合わせたものでした。いまの世界をどう見つめているかについて、彼はこう言います。「気候変動や戦争。これらはすべて先進国が引き起こしている問題だ。紛争で使われているのは先進国で作られた兵器だ。地球温暖化も我々の産業が引き起こしている。だから私たちは自らの責任を果たさなければならない。自分たちに無関係だなんて言えないよ。すべて我々が関わっているんだ」。「見つめていたい」とは、大好きな曲「Everybody Breath You Take」の邦題です。他にも思い出して聴きたくなった曲がありました。「スペードは戦士の剣。クラブは戦うための武器。ダイヤとはお金を意味する。でもね、これは私の真意ではないんだ」と歌う「Shape of My Heart」 です。そうです、以前に書いた音楽ジャングルでも冒頭で記した、リュック・ベッソン監督による名画『レオン』のエンドロールで流れる切ない名曲です。
 もちろんどちらの曲も、瑞々しく甦っています。「Brand New Day」 も、「Fields of Gold」や「Fragile」や「Englishman in New York」も、名曲たちが本人の手によって再び輝きを増すのです。ああ、素晴らしい。


CDプレゼント
Both Sides / Marc Jordan 3名様
 ハガキに住所・氏名・年齢・職業・電話番号・このコーナーへの感想を書き〒277-8691 日本郵便柏郵便局内私書箱46号朝日れすか「ふなちゃんの音楽ジャングル」係へ。6月27日(木)必着。


船守秀一(音楽プロデューサー・http://www2.odn.ne.jp/obbligato/)

Copyright(C) 2012 RESUKA Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

朝日れすかのホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

ページトップへ