沖縄の風 パートⅡ

【49】カーチーベー(夏至の風)

  旧暦の5月4日は各地でハーリー(サバニと呼ばれる伝統漁船での競漕)が行われる。「ハーリーに先立って鳴るハーリー鐘が聞こえると梅雨が明ける」と言われている。その頃から吹く清々しい南風をカーチーベーと呼ぶ。

ちゅらさ工房 仲西美佐子

Copyright(C) 2012 RESUKA Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

朝日れすかのホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

ページトップへ