れすか句会

主題「草原」


主席 草原を褥に寝釈迦夏の雲
(白井市)中宮 順子

次席
次席 大草原ほたほたも乘る家族旅
(鎌ケ谷市)森田 昭代

三席
三席 霧草原隠し忘れの馬の足
(柏市)松丸 理加子


【選評】
 主席の「草原を」の句は「夏の雲」を「寝釈迦」に見立てて、「草原」のゆったり、広々とした様を詠んだ。次席の「大草原」の句は明るく楽しい声が響く「家族旅」と「大草原」を取り合わせた。「ほたほた」という言葉の斡旋がほっこりとした「家族旅」の暖かさとゆったりと広がりを持つ「大草原」の合わせをうまく表している。三席の「霧草原」の句は鬱とした自然現象に対して、「馬の足」を残すことで、おかしみさえも感じさせてくれる。「足」は「脚」の方がよかったかもしれない。
 

【募集】
 7月の主題「赤子」。「乱の夜の嬰児静かに星を統ぶ須藤 徹」6月26日㈮必着。投句は葉書一枚につき3句まで(未発表作品に限る)。〒277―0852 柏市旭町1―4―19―3F「れすか句会」係へ。ベスト3の作品に賞品進呈。

Copyright(C) 2012 RESUKA Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

朝日れすかのホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

ページトップへ