年金情報Q&A

 私は法律上の婚姻届を出していませんが、数年前から夫と同居し生活を伴にしています。このような場合でも私は夫の加給年金の対象と成りますか。(千葉市 女性 63歳)

  加給年金は、厚生年金保険に加算される扶養手当です。夫が厚生年金保険に20年以上加入していれば原則65歳から老齢厚生年金をもらえるようになった時点で、65歳未満の配偶者がいれば夫の年金に加給年金が加算されます。
 結論からいうと、戸籍上の配偶者でなくても加給年金がもらえるケースがあります。それはケースバイケースで判断されます。 ①夫との生計維持関係があるか。同一の生計を営み、質問者の収入もしくは所得が基準内(年収850万円未満、所得では655.5万円未満)であるか。 ②夫と同居しているか、別居しているか、住民票上の住所が異なる場合には、その理由や定期的な訪問や音信があるのか。 ③婚姻の意思及び共同生活を営んでいることの申立や第三者による証明が必要。 ④重婚的内縁関係の有無等について。
 以上のような要件を考慮し、個別に判断されます。
 ただし、質問者自身が厚生年金保険を20年以上加入した年金を受給していた場合や障害年金を受給していると加給年金は対象となりません。詳しくは年金事務所等でご相談ください。  

Copyright(C) 2012 RESUKA Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

朝日れすかのホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

ページトップへ