がんばれ! 柏レイソル

われら太陽王

 ジェフユナイテッド市原・千葉から今夏、レイソルに移籍加入した高木利弥選手25歳。サイドバックから得意のドリブルで攻撃に絡み、左足から精度の高いクロスボールでゴールをアシストする期待のレフティーだ。
 元日本代表で現在はV・ファーレン長崎の高木琢也監督を父に持ち、小さい頃からプロになりたいと強く思っていたという。神奈川大学の同期、伊東純也選手や、同世代の小泉慶選手、中川寛斗選手らが気軽に声をかけてくれ、すぐにチームにも溶け込んでいる。
 「毎日ボールをさわって、習慣づけ、ボールを自分の一部にするまでコツコツ積み重ねることが大切です」とプロを夢見るサッカーキッズたちにエールを送ってくれた。
 ホーム日立台独特のサポーターの声援に感激しながらも「なかなか勝ち越せていないが、毎試合応援してもらえるようにがんばっていきます」と力強く語った。左サイドを駆け上がる雄姿を見逃すな。

  

Copyright(C) 2012 RESUKA Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

朝日れすかのホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

ページトップへ