がんばれ! 柏レイソル

われら太陽王

  昨年、U―18日本代表に選出されたGK猿田遥己選手は、レイソルサッカーの特徴ビルドアップでも、その安定感で高い評価を得ている。
 小学1年の時、サッカーチームに入ってボールを蹴りだし、CBやFWなどの様々なポジションを経験。小学6年でGKに転向。「コーチにキーパーグローブを渡され、最初は本当に嫌でした」と話す。「6年生の東京都大会決勝でPKを止めたときに周りの選手の驚きがうれしかった」とGKの醍醐味を味わって好きになったという。
 現在、トップチームでもまれながら、高校の寮生活を送る猿田選手のオフは、自主練習に励んだり、友人と出かけたり、卒業前の充実した高校生活を過ごしている。「練習ではトップチームの選手とも話せるようになってきました。ピッチ内外で貢献できるよう、がむしゃらにがんばるだけです」とプロの世界への入り口に立つ若き太陽戦士の活躍に期待が膨らむ。

  

Copyright(C) 2012 RESUKA Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

朝日れすかのホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

ページトップへ