われら太陽王

過去の話題一覧

J1再開でリモートマッチから
まさかの3連敗

サッカーJ1リーグが7月4日に再開。まずリモートマッチ(無観客試合)での2戦を柏レイソルはホームで迎えた。7月4日の再開初戦は、昨年準優勝のFC東京と戦い、0―1で惜敗。続く8日に行われた横浜FC戦は1―3と完敗。中2日とタイトな日程で行われた11日のアウェー川崎フロンターレ戦でも1―3で敗れ、3連敗と厳しい再スタートとなった。
 FC東京戦はお互いに動きが硬く、前半をスコアレスで折り返した。後半、MFヒシャルジソンが2回目の警告を受け退場となった直後の17分、東京がCKのチャンスを活かし先制。10人で闘うレイソルは、戸嶋祥郎、神谷優太、仲間隼斗らを次々に投入するも1点が遠く、黒星を喫した。
 東京FC戦からスタメンを4人入れ替え臨んだ横浜FC戦だが前半21分、横浜に先制を許した。ここでネルシーニョ監督は攻撃的な神谷を投入。少しずつレイソルペースに持ち込み前半終了間際の44分、神谷のクロスにFW呉屋大翔が頭で合わせ移籍後初ゴールを決めた。後半2分、またしても横浜に勝ち越しゴールを決められてしまったレイソルは、高橋祐治、北爪健吾ら4人の若手選手を次々に起用し反撃に転じるも、ゴールを奪えない。40分には横浜に追加点を決められ、スクリーンの向こうのサポーターに勝利を届けることができなかった。ネルシーニョ監督は「再開後のシーズン序盤は困難に直面するだろうと見ており想定内」と話した。
 アウェーでの川崎戦は、前半で2失点、後半序盤に追加点と相手に圧倒されたレイソルだが、後半途中出場したFW呉屋が2試合連続となるゴールを決めると、イレブンも奮起し果敢に相手ゴールを狙った。
 川崎戦後、ネルシーニョ監督は「フォーメーションは変えずに人を代えて巻き返しを狙った。選手たちは勇気をもって最後まで戦ってくれた」。ミスが続いたのは「ボールを奪った後のポジショニング、前の意識が足りなかった」と課題をあげた。タイトな日程が続く。がんばれ、柏レイソル。

おうちでイエロー作戦
サポーターの声援スクリーンから

  柏レイソルは、リモートマッチに際して「おうちでイエロー作戦」を実施。自宅などで応援するサポーターの姿をスタジアムの大型スクリーンに映し出した。
 いつもはゴール裏の柏熱地帯を中心に相手を圧倒するサポーターの声援が轟く日立台。リモートマッチで静まり返ったピッチに少しでもサポーターの声を届けようとチームが企画。アソシエイツ会員の中から事前に選ばれた50人とビデオ会議システムでつなぎ、タオルマフラーなどを振りながら自宅で応援するサポーターの様子が次々とスクリーンに映し出された。

  

Copyright(C) 2012 RESUKA Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

朝日れすかPLUSのホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

ページトップへ