命のバトン119 農文化を食卓に

農業で里山保全を学ぶ
手賀沼トラスト受講生募集

  手賀沼湖畔の里山保全を目指し、里山農教室を主宰している「NPO法人手賀沼トラスト」(遠藤織太郎理事長)が、平成30年度の受講生30名を募集中だ。
 我孫子市根戸新田あたりの豊かな里山環境の中で、有機無農薬による各種野菜や穀類(水稲、そば)の栽培技術を習得する。このほか、希望すれば養蜂や、ハーブ栽培、竹細工教室など様々な活動に参加でき、夏の「ひまわり迷路」の企画は地域に根ざして例年好評だ。
 開講は3月~12月。原則月3回、土曜日8時30分~12時。受講料は年間3000円+テキスト代1000円(初年度のみ)。別途、同法人への入会金2000円、年会費3000円が必要。
 講師は、同法人理事長で元筑波大学大学院教授、農学博士の遠藤氏ほか。申し込み締め切りは、2月17日(土)。
 受講生への説明会は2月18日(日)、けやきプラザ7階研修室(我孫子駅南口徒歩1分)で9時30分~11時30分開催。
 申し込みは、TEL 090(2234)5610富沢さんまで。

Copyright(C) 2012 RESUKA Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

朝日れすかのホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

ページトップへ